全部いる!っていうんです。

こんばんは。

「片付け」を通してご自身の人生を生き、
お子さんも旦那様も周りの人も
喜びで幸せにしていく
お母さんに伴走する

自分ライフスタイリスト 片野あきこです。

ご訪問
ありがとうございます。

12月になりましたね。
日曜日の夜
どんなお時間お過ごしでしょうか。

12月はおかげさま
スケジュールも一杯

今日は
自宅の整えもしながら過ごしました。

蔵の二階には
普段使わないものが置いてあるのですが

そこにある、次女の持ち物も

次女と一緒に見直しました。

特に
子供の持ち物の見直しは
普段はなかなかできませんが、


年末や
年度末がおすすめです。

(新しい年や年度を意識しやすいですから、ね)

毎年
この時期、「片付け」しない?と

娘に声をかけるのですが

今回は
こんなことがありました。

小学校に入ってからの教科書やノート類
何か
思い入れがあるのだろうとは
思っていましたが

算数の教科書やノート
国語の漢字スキルは

「全部いる!!」
といって
全て取ってあったんですね。

でも
今回見直しをした時…

「算数は、
   わからないことが時々あったから
 取って置いたの」

「でも、もういいかなぁ」

「漢字スキルは、
   一年生の最初のだけは
  とておきたい!」

「この時
  何書いてたっけ?」
 
「これ、またゆっくりみたいから
 部屋に置きたい!」



そんなことを話しながら
今までは
「いる!!」の一点張りでしたが

かなりの教科書やノートを
一緒に処分しました。

============

子供の持ち物は、子供の判断で

============

これは

私の、大切にしているやり方です。

お子さんの持ち物はお子さんの判断で!というと

「えー!!全部いるっていうんです!」

そんなお話もよくお聴きします。


でも
でも
自分の持ち物と子供の持ち物の
線引きは
とても大事だと思うのです。

それは

===========

持ち物を尊重することは
生き方を尊重することだから。

===========

お絵描きをした紙

折り紙、作った作品…

えーーー!
全部取っておくの?


そんな時期も
やはりありますよね。

私もありました。

でも
やはやはり、親の都合で
「捨てるからね!!」
というのは
相手の人生を
コントロールしよう!という
思いの現れ、だから。

本人の持ちたい気持ちを
しっかり尊重すること…

私は大切にしています。

そんな
家族の「片付け」について
大切にしたいこと…

 

◆明日12月2日 朝8時に配信のメルマガに綴りました。

ご興味のある方は
ご登録くださいね。


(アドレスとお名前を入力ください)
(合わなければ、いつでも解除できます)

あなたのより良い人生のお役に立てたら
幸いです。

ご登録は
こちらからできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もお読みくださり

ありがとうございます!

あなたのより良い人生の
お役に立てたら
幸いです。

 

**************

環境というお部屋を綺麗にすることは
もちろんですが

私が10年以上の歳月をかけ
失敗を繰り返しながら
実践した

あなたの人生を生きるための
「トータル片付けメソッドメール講座」

おかげさまで
3ヶ月で70名を超える皆様に
ご登録いただいてます。

あなたの
より良い人生のお役に立てたら幸いです。

登録は
こちら からできます。

コメントを残す